【2021年最新】今すぐ使えるCanvaの便利な機能のまとめ!

canva useful-function

Canvaを愛してやまないぺち丸です。

Canvaを2年以上利用してきて実際に便利だった機能を全て紹介しています。

日々更新しているのでブックマーク登録をしておくことをおすすめします。

Canvaについて詳しく知りたい方は下記の記事がおすすめです。

ワンクリックで写真加工

canva 写真加工
  • 薔薇に包まれたような雰囲気にできる:Rosie(ロージー)
  • アルバム写真のような昔懐かしい:Retro(レトロ)
  • エモい雰囲気にできる:Festive(フェスティブ)
  • 神秘的、魅惑的な雰囲気にできる:Nordic(ノルディック)

「写真加工って自分には出来ない」と思っているからも、Canvaなら簡単にできます。

豊富にとりそろえられた写真フィルターから、お好きなものを選択して自分だけの写真加工を作ってみましょう!

写真のぼかし

canva ぼかし
  • 写真にぼかしを入れられる
  • 独特の表現を付け加えれる

写真のぼかしはとても簡単です。

写真を選択した状態で、「調整」の「ぼかし」 で調整するだけです。

canva ぼかし やり方

ぼかすには右、鮮明にするには左へスライドさせます。

ビネット加工(周辺を暗くする加工)

canva ビネット加工(周辺を暗くする加工)
  • 中心を際出せることができる
  • 風情感じる演出を生み出せる

ビネット加工とは「画像の周辺が暗くなる現象を作り出し、主体を際立たせる事で、懐かしいレトロな演出」を作り出せる加工の事です。

写真の 「フィルター」 をクリックし、「ビネットコントロール」を調整することで効果を生み出すことができます。

canva ビネット加工(周辺を暗くする加工)

ビネットコントロールを右へスライドするほど、画像周辺を暗くすることができます。

一部を強調する画像の切り抜き

canva 画像の切り抜き
  • 写真の一部を取り除いてサイズ変更ができる
  • 一部だけを強調したい時に使える
  • 写真をダブルクリック、もしくは「切り抜き」ボタンをクリックで編集可能

切り抜きとは、写真の一部を取り除いてサイズを変更することです。

Canvaの画像切り抜きツールにはさまざまな使い道があり、バリエーション豊かな印象の異なる画像を作ることが出来ます。

切り抜きエリアの角を引っ張り、切り抜きエリアのサイズを変更しましょう。

画像を切り抜いて、構図をきれいに整えましょう!

ドラッグするだけでおしゃれになるフレーム素材

canva フレーム素材
  • フレーム内に写真や画像をドラッグ&ドロップするだけ
  • 様々なおしゃれなフレームの種類があり、差別化できる

写真には自動的にサイズ変更と切り抜きが適用され、フレームにぴったり合うように調整されるのでとても便利です。

素材内の「フレーム」で色々見てみましょう。

【フレーム内の画像の位置調整方法】
①画像部分をダブルクリックし、画像を選択
②拡大縮小したりドラッグして移動にて調整

グリッドボックスでまるで写真集のように

canva グリッドボックス
  • グリッド内に写真や画像をドラッグ&ドロップするだけ
  • フレームと違い、様々なパターンのフレームがセットされている(グリッドボックス)

フレームと同様、グリッドを使うと写真の切り抜きやデザインを開始するのに役立ちます。

グリッド間の間隔を調整することもできます。

canva グリッド

写真とレイアウトをすっきりと美しく見せるような工夫ができます。

透明度調整でテキストを目立たせる

canva 透明度調整
  • テキストを目立たせられる
  • シンプルだがわかりやすい
  • 幻想的なデザインを作れる

画像にテキストを追加したい時に使えるテクニックです。

透明度のスライドを調整して色合いを変化させてみましょう。

「もっと見る」には便利なオプションがたくさん

canva もっと見る機能
  • ワンクリックでカラーを一括変更できる「スタイル」
  • バリエーション豊富な「背景」
  • URLを入力するだけで作成できる「QRコード」
  • 種類豊富な「絵文字」

知らないとあまり使わない「もっと見る」機能。

実はめちゃくちゃ優秀な機能がたくさん入ってます。
特に優秀な4種類をピックアップしましたのでそれぞれ紹介します。

「もっと見る」内の各機能をクリックすると、左のメニュバーに追加されいつでも使えるような状態になります

スタイル

canva スタイル
  • どんな配色がいいのかわからないデザイン初心者向け
  • ワンクリックでカラーを自動変更してくれる

自分好みの配色が出るまでクリックしていけばいいので、直感的に配色を決めることができます。

▼スタイルでカラーを一括変更する動画です。

再生すると動画を見れます

カラーを変更させたくない素材がある場合は「ロック機能」を使用すると、変更させないようにできます。

canva ロック

背景

canva 背景
  • 単色からグラデーション、風景など種類が豊富
  • 「背景+テキスト」のシンプルなセットでも決まる

Canvaで用意されている背景はどれも高品質です。
紙の質感をリアルに再現しているなど、細いところにもこだわっています。

QRコード

canva QRコード
  • URLを入力すれば自動に作成してくれる
  • 名刺にSNSへのリンクを貼れる

他のツールを使わなくてもCanvaで作成できるのが嬉しいポイントです。

画像作成中にQRコードを設定できるので、見た目の微調整も可能になります。

ちなみに、ぺち丸LINE公式アカウントのQRコードはCanvaで作成しています。

絵文字

canva 絵文字
  • 約270種類以上の絵文字が使用可能

絵文字は誰しもが使ったことのある機能なので、どの世代にも幅広く伝えることができます。

テキストに直接絵文字を入力すると文字化けすることがあるので気をつけましょう

文字の加工(縁取り方法など)

canva フォント エフェクト
  • テキストに影を付けたり、中抜きなどができたりして見やすくなる
  • 独自性のあるテキストで差別化できる

テキストをクリックし、「エフェクト」をクリックするだけで変更できます。

canva フォント

太さや色、角度などを調整できるエフェクトもあるので色々触ってみてください。

テキストを目立たせるようにすると、インプレッション率(表示数)が高くなります

具体的な文字の加工方法

スライドできます→

Canva文字加工
Canva文字加工

アニメート(アニメーション機能)

再生するとアニメーションが見れます
  • スタンプと同様、動きを出すことで印象を与えるようにできる
  • ページ全体のアニメーション、部分部分のアニメーションの設定が可能

素材やテキストを選択した状態で、「アニメート」をクリックすると、様々な動きをつけることができます。

再生するとアニメーションが見れます

素材やテキスト、一つ一つに違った動きを出すこともできるのでとても便利です。

ショートカットキーで作業効率を上げる

Canva ショートカットキー
  • マウスを使わずに画像編集することができる
  • 時短になるので素早く編集することが可能

キーボードがないとできないので注意してください

他にもまだまだありますが、特に使えるショートカットキーを紹介しました。

さらに四角や丸、線など使う頻度が高い人は下図のショートカットキーを覚えておくと便利です。

canva 便利なショートカットキー

ショートカットキー『L』は様々な調整や種類がありますのでぜひ使ってみてください。

canva L

ショートカットキーを知っているか知らないかでは、編集スピードが全く違うので少しずつ覚えていきましょう

ぺち丸がいつも使っているショートカットキー

Canva ショートカットキー一覧

「いいねに追加」でお気に入りの素材を逃さない

canva いいね機能
  • お気に入りの素材を何度も探す手間がなくなる
  • 素材をいいねフォルダーに保存しておくと、いつでもすぐ使えるようになる

気に入っている素材がある場合、「いいねに追加」をクリックしておくと、いいねフォルダーに貯めておくことができます。

カーソルを素材に合わせ、右上の三点をクリックすると、メニューが表示されます。
メニュー内の「いいねに追加」を押すとお気に入りに保存済みと表示されます。

いいねフォルダーを確認する場合、「もっと見る」をクリックし、フォルダーを選択。
いいねの項目があるのでクリックすると確認できます。

cnava いいね 場所

ワンクリックでPhotoshop級の背景削除(有料)

canva 背景削除(背景リムーバー)
  • ワンクリックで背景削除
  • Photoshop級の精度
  • 切り抜いた写真や画像をそのままバナー等にすぐ使える

\スマホからでもワンタップ♪/

有料機能ですが、ぼくがもっとも使用している機能です。
なんといっても精度が高く、髪の毛の間の背景も綺麗に削除してくれます。

また、下図のように背景削除した写真をコップに移し出せたり、影をつけることができます。

canva モックアップ シャドウ
canva 背景削除 場所

スマートモックアップとシャドウは無料で使える機能です。

shadows(シャドウ)のやり方(画像に縁をつける方法)

canva

WordPressに使える埋め込み機能

学長 原因自分論
  • プレゼン用に作成した資料もブログに載せることができる
  • 読者もタップするだけで資料を見ることができる

「画像を縦並びにしたくない」、「かといって動画で撮影するのも手間」という方におすすめです。

また、アニメーションをつけた画像や動画も埋め込むことができます。

▼横にスライドすると動画も見れます。

アニメーション&動画の埋め込み
埋め込み方法
canva 埋め込み機能

「カスタムHTML」にコードを貼り付けると表示されます

▼動画で確認したい方はこちら

共有機能で画像編集がより便利に

Canva 共有機能
  • 作成したデザインを他の人に共有できる機能
  • 共有された人はそのままCanvaでデザインを編集できるのが特徴

誰かと一緒にデザインを編集したい場合にも使えますし、送られたデザインを微修正できるのでとても便利な機能です。

共有する方法
Canva 共有機能

編集画面右上の「共有」をクリックします。

Canva 共有機能
①編集するリンクを共有
オリジナルのデータに直接アクセスして編集できる共有リンク
②テンプレートとして使用するリンクを共有
自分が作成したデザインを不特定多数に配布したい場合の共有リンク
③表示するリンクを共有
編集できないが見せることができる共有リンク

共有するときには本名がバレないよう気をつけてください。

フレームに画像を埋め込められるスマートモックアップ機能

Canva スマートモックアップ機能
  • 画像をスマートフォンやパソコン、Tシャツ、コップ、フレーム等に画像を埋め込められる機能
  • ワンクリックで操作が簡単

埋め込み方法
モックアップ機能

埋め込みたい画像を選択してエフェクト→smart mockupsのすべての表示をクリックします。

モックアップ機能

素材をワンクリックするだけで完了です。

モックアップ機能

場合にもよりますが、サイズが合ってない時はサイズを調整しましょう。

コントロールをクリックします。

モックアップ機能

これにて調整完了です。

随時便利な機能をUPしてきます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です